お口に与えるタバコの害

喫煙は百害あって一利なし

タバコがガン・心臓病など全身疾病に関連するということは広く知られています。それにも関わらず、日本では未成年や若い女性の喫煙者が増加しており、先進国の中でも喫煙率が非常に高い水準にあるのが現状です。
喫煙が全身はもちろん、歯や口腔にも重大な影響を及ぼすということが分かっています。中でもタバコが、最も重大な危険因子であるのが歯周病です。
歯周病とは、歯を支えている歯茎や骨などの組織が炎症を起こす病気です。歯と歯茎の間に歯周病の原因菌が付着することで、歯茎の出血・腫れを引き起こし、ひどくなると歯がグラグラになり、やがて抜け落ちます。

タバコに含まれているヤニが歯に付くと歯周病の原因菌が付着しやすくなります。そしてニコチンが、血管を萎縮させ、一酸化炭素による酸素不足・ビタミンC不足も加わって傷口の治癒が悪くなります。細菌に対する免疫力も低下し、歯肉の繊維化などが原因となって、喫煙者は歯周病の悪化スピードを速め、治療効果も低くなってしまいます。インプラントや口腔外科などの治療にも悪影響を与えることにもなります。
そしてタバコを吸い続けると歯の喪失も早まります。タバコは、歯周病を悪化させることはもちろん、骨粗鬆症を促進することが原因とされているためです。歯を支える歯槽骨が骨粗鬆症になると、歯槽骨の吸収と喪失が促進され、結果として歯を喪失するスピードを早めてしまいます。

イメージ >歯並びが気になっている。
>タバコのヤニや歯石を取りたい。
>歯の色を白くしたい。
>前歯のすきっ歯を治したい。
 etc.


このような症状でお悩みの方は、
ぜひ一度ご相談ください。
あなたのお口の健康をサポートし、
美しい口元をつくりだす
サポートをいたします。

このページのトップへ

クリニックインフォメーションアクセスマップお問い合せインプラントQ&A用語集京都インプラントステーション
審美Q&A矯正Q&Aサイトマップ