レーザー治療

レーザー治療とは

レーザー治療とは、人工の光を利用して様々な治療に役立つ最新の歯科治療法です。 治療に痛みがほとんど無く、多くの場合麻酔を必要としないため、ペースメーカーを使用されている方や、妊婦の方でも安心して治療を受けていただけます。
「レーザー治療」について詳しくお知りになりたい方は、どうぞお気軽にご相談ください。

レーザー治療についてお答えします

歯周病(歯槽膿漏)

ハミガキの時に歯茎が出血するのは、歯周病の危険信号です。
レーザー治療により、歯周の中にたまった膿を出し雑菌を減らすことで出血を抑えることができます。

メラニン除去

気になる歯茎の黒ずみは、メラニン色素が原因です。この色素は、レーザーを歯茎の表面に照射すると数回でなくなります。もちろん術後の痛みはありません。

口内炎

レーザーの光には、痛みを軽くする働きがあります。傷や口内炎など、お口の中の気になる痛みでもレーザー治療を行うことで痛みもすぐに取れ、治りも早くなります。

このページのトップへ

クリニックインフォメーションアクセスマップお問い合せインプラントQ&A用語集京都インプラントステーション
審美Q&A矯正Q&Aサイトマップ