− 小幡先生のインプラントカルテ<2022年12月号> -

インプラントの寿命はどれくらい?

80歳になっても自分の歯を20本以上保つことを提唱・推進する8020(ハチマル・ニイマル)運動でも知られるように、生涯にわたって健康な歯を持ち続けることが、何よりも健康への近道です。しかし、歯の喪失原因の約9割を占めている、う蝕(むし歯)と歯周病のリスクが加齢によって高まっていくことも事実。50歳以降では平均して2年に1本強の歯を失うというデータもあります。当院でおすすめしているインプラントは、人工歯根を埋め込むことで自分の歯のように強く噛む力を取り戻せるのが大きな特長。気になる耐久性は、熟練の技術を持った当院院長がオペを担当したケースでは10年の残存率が95~98%、15年を経ても95%近くの方は問題なく使用されています。インプラント治療は専門医・指導医資格を持つ院長が責任を持って担当し、あごの骨の状態や高齢などを理由に他院では治療を断られたという方も対応可能です。まずはお問い合わせください。

※日本口腔インプラント学会指導医・専門医は京都市内指導医3名、専門医21名です。(2022年3月時点)

一覧に戻る

お気軽にご相談・ご予約ください。
ご予約・お問い合わせは0120-180-461
携帯・市外エリアの方はこちらからお電話ください
075-662-6464

週間日程表

※休診日/日曜日・祝日
※急患・新患/随時受付

厚生労働省認定 歯科医師 臨床研修指定施設 医療法人 小幡歯科クリニック
〒601-8327 京都市南区吉祥院御池町10-7 エル ア オバタ2F
京都エステティックインプラントセンター[相談・予約無料ダイヤル]フリーダイヤル 0120-180-461 TEL.075-662-6464 dental@obata.or.jp


クリニックインフォメーションアクセスマップお問い合せインプラントQ&A用語集京都インプラントステーション
審美Q&A矯正Q&Aサイトマップ