− 小幡先生のインプラントカルテ<2016年9月号> -

入れ歯とインプラントの大きな違いは?

歯を失った時、まず思い浮かぶのが入れ歯ではないでしょうか。入れ歯はその原型が既に江戸時代からあり徳川家康も使っていたと言われるほど歴史の古い物ですが、固い物が噛みにくいことや金具が接触する歯を痛めてしまうなどデメリットも少なくありません。入れ歯に変わる治療法としては、“ブリッジ”などもありますが、これは義歯を固定するための健康な歯が両隣にあること、また固定のためにその健康な歯を削らなくてはならないという問題があります。当院でおすすめするインプラント治療は入れ歯とブリッジ両方のデメリットを解決できる上、装着感や審美性にも優れ見た目も自然な歯とほとんど変わりなく治療が可能です。治療にご興味をお持ちの方はインプラントの専門医であり、審美歯科の専門医資格も持つ院長がご相談に応じます。まずは、お気軽にお問い合わせください。

※日本口腔インプラント学会指導医はH27年時点で京都市内5名、専門医は17名です。

一覧に戻る

お気軽にご相談・ご予約ください。
ご予約・お問い合わせは0120-180-461
携帯・市外エリアの方はこちらからお電話ください
075-662-6464

週間日程表

※休診日/日曜日・祝日
※急患・新患/随時受付

厚生労働省認定 歯科医師 臨床研修指定施設 医療法人 小幡歯科クリニック
〒601-8327 京都市南区吉祥院御池町10-7 エル ア オバタ2F
京都エステティックインプラントセンター[相談・予約無料ダイヤル]フリーダイヤル 0120-180-461 TEL.075-662-6464 dental@obata.or.jp


クリニックインフォメーションアクセスマップお問い合せインプラントQ&A用語集京都インプラントステーション
審美Q&A矯正Q&Aサイトマップ