インプラント治療の流れ

1.カウンセリング

初診の時にお口全体の検査をさせていただき、インプラントについて詳しくご説明いたします。
患者さんのインプラントに対する期待やご要望を採り入れながら治療方法を提示させていただきます。

2.データ収集

インプラント治療では、患者さんの噛み合わせ、他の歯・顎の関節の状態、顎の痩せ具合など、様々なデータを担当医が把握することが特に重要となってきます。当クリニックでは通常のレントゲン撮影以外に、院内の最新歯科用CTスキャン(コンピューター断層撮影)※を用いて骨や血管、神経の状態を詳細にチェックし、より確実に安心・安全な治療を行えるよう入念な検査を行っています。

3.インプラント埋入手術

手術はインプラント専用の手術室で行います。麻酔は局所麻酔のみ、または静脈内鎮静法を併せて行いますので痛みはほとんどありません。
手術時間は1~2本の場合は10分程度、本数が少し多い場合でも平均1時間前後で終了します。(多数本埋入、複合手術が必要の場合はもう少し時間がかかります。)

ドリルでインプラントを埋入する為の穴をあけます。

インプラントを埋め込みます。

キャップで覆い、インプラントが骨と癒着するまで2~5ヶ月待ちます。

4.セラミック歯作製

上顎:
約3ヶ月後までの間は仮歯をつけていただき、問題点を解消したうえで最終的にセラミックの歯に移行します。 結果的には、インプラント手術より約5ヶ月後に完成します。
下顎:
約1ヶ月後までの間は仮歯をつけていただき、問題点を解消したうえで最終的にセラミックの歯に移行します。結果的には、インプラント手術より約2ヶ月後に完成します。

骨とインプラントの癒着の状態をペリオテスト(※)にて確認します。

キャップを外しアバットメントを装着し、被せものの型をとります。

土台の上に人工の歯を装着すれば完成です。

※ペリオテスト
ドイツ・チュービンゲン大学のシュルテ教授らにより開発された歯周組織の動謡診断装置「ペリオテスト」は、従来の手指による歯牙動謡度測定とは異なり、客観的でしかも再現性のあるデジタル化されたデータが簡便に得られることを最大の特長としています。

5.メンテナンス

専門の歯科衛生士による衛生指導のもと、日頃の衛生管理をしていただきます。 特に手間のかかる管理ではありませんが、毎日の管理は重要です。

nagareImg04
このページのトップへ

クリニックインフォメーションアクセスマップお問い合せインプラントQ&A用語集京都インプラントステーション
審美Q&A矯正Q&Aサイトマップ