従来の治療との違い

歯が一本抜けてしまった場合

ブリッジという両隣の健康な歯を削って歯を補う方法があります。この治療法は土台となる歯に負担がかかります。

奥歯が数本抜けた場合

歯全体に金具を付けて抜けた歯を補います。口の中に違和感を感じやすく汚れやすいうえ、噛む力が極端に落ちてしまいます。

抜けてしまった歯の所にインプラント(人工歯根)を埋入し、人工の歯を取り付けます。
周囲の歯に負担をかけることなく、自分の歯と変わらない力で噛むことができます。

このページのトップへ

クリニックインフォメーションアクセスマップお問い合せインプラントQ&A用語集京都インプラントステーション
審美Q&A矯正Q&Aサイトマップ